intro intro intro2
『ようこそ、おこしやす。』
この京言葉をお聞きになって、“あっ、京都だな”と感じられる方は少なくないでしょう。従業員一同、ご来館時には、このご挨拶でお迎えしております。
今、ホームページをご覧いただいております皆さまにも、改めまして、「ようこそ、おこしやす。」

春夏秋雪 京の宿 ギオン福住は、創業当時は料亭を生業にし、百有余年。 現在は、ここ祗園の地で旅館としてお商売をさせていただいております。

当館が佇む祗園は、風情漂う石畳と軒を連ねる京町屋が印象的で、花街の顔も持ち、芸妓さん舞妓さんが行き交う街でございます。 また、浄土宗総本山・知恩院さん・高台寺さん・清水(寺)さんをはじめ、是非巡っていただきたい名所旧跡の各所が当館から徒歩ですぐという便利な位置にもございます。
私共は、皆さまがその京都観光で、“京都って、いいな”、”また、京都に来たいな”と永く京都のファンになっていただく「きっかけの旅館」でありたいと常々思っております。

その為にも皆さまが笑顔でお過ごしいただき、記憶に残るご滞在になるよう、従業員一同、精一杯お手伝いをさせていただきます。

ここは 祗園に笑顔(福)が宿る(住む)旅館、
「春夏秋雪 京の宿 ギオン福住」。
どうぞ、お待ちしております。

春夏秋雪 京の宿 ギオン福住 館主

閉じる 閉じる